赤ちゃんのおもちゃに消毒は必要?除菌の正しい方法とアイテムの選び方

産まれて間もない赤ちゃんは免疫力が低いので、口に入ったり触れるおもちゃには消毒が必要です。

どの程度まで消毒が必要なのか、どんな方法で行えば良いのか、おもちゃの消毒についてまとめてみました。

そもそも赤ちゃんのおもちゃに消毒は必要?

最低でも生後6か月までは必要

産まれたばかりの赤ちゃんは、最初は母乳によって免疫物質をお母さんからもらっているので、病気にはかかりにくいと言われています。

しかし、口に直接入れる可能性が高いおもちゃ類は、消毒を行って病気への感染を防ぐことが大切です。

日本小児科学会専門医によると、最低でも生後5~6か月ごろまでは消毒が必要と言われていますので、こまめにお手入れをすると良いでしょう。

1日1回でも消毒しておくと安心

未消毒のおもちゃを口に入れたからといって、過敏になる必要はなく、むしろ赤ちゃんの免疫アップを助けることにも繋がります。

「おもちゃの消毒を何度もするのは大変」というご家庭では、1日1回、毎日の終わりだけでも消毒をしておくと安心です。

毎回のお手入れで水洗いをしたり、つけおきをしなくても良いので、消毒はそれほど気負わずに行いましょう。

おもちゃの消毒をするタイミング

赤ちゃんがおもちゃを使う前後

おもちゃを赤ちゃんに渡す前に消毒をしておけば、体に入る菌・ウイルスの量が抑えられます。

特に安全面に気を付けたいというご家庭や、赤ちゃんの体調が気になるという場合は、あらかじめ消毒したおもちゃを渡すと良いでしょう。

また、使用した後のおもちゃはヨダレがたくさんついていますので、お手入れとあわせて簡単に消毒しておきましょう。

寝る前など1日の終わりに

毎回のおもちゃの消毒が難しい方も、1日の終わりには消毒する習慣をつけておきましょう。

見た目は綺麗でも、菌やウイルスが知らぬ間に繁殖している可能性もありますので、1日1回の消毒は欠かさずに行ってください。

時間をかけて消毒をするのがベストではありますが、除菌スプレーなどでお手入れするだけでも違います。

感染症が気になる時

インフルエンザなどの感染症が流行する時期や、周囲のお友だちや家族が感染症にかかった時は、特に念入りに消毒を行いましょう。

また、子供にせき、鼻水、目やになどの症状が現れている場合も、感染症にかかっている疑いがあるため、消毒は必須です。

この場合の消毒は、普段のお手入れに比べてしっかりと行い、できるだけ除菌効果の高い方法で行うようにしてください。

おもちゃを屋外に持って行った時

自宅で使っているおもちゃを持って外へ出かけたり、祖父母やお友だちなどの家に持って行った場合は、帰宅後に消毒を行いましょう。

外で使った時は泥や砂、粉塵などがついている事もあるので、水洗いや洗濯ができるおもちゃは洗ってから消毒をした方が安心です。

水洗い・洗濯などができないおもちゃは、感染症が気になる時の消毒と同様、効果の高い方法で行ってください。

知っておきたい!赤ちゃんのおもちゃの消毒方法

ノンアルコールの除菌シート

おもちゃの消毒を最も手軽に行えるのが、ノンアルコールタイプの除菌シートで拭き取ることです。

自宅の中はもちろん、他人のお家や外出先への持ち運びも便利なので、おもちゃの除菌方法として知っておくと良いでしょう。

アルコールタイプのシートもありますが、赤ちゃんが口に入れる事を考えると、より安全性の高いノンアルコールの方がおすすめです。

また、除菌効果が謳われている製品であれば、赤ちゃんのお尻拭きもおもちゃの消毒用に使えます。

ノンアルコールの除菌スプレー

シートに比べて除菌効果の高いのが、ノンアルコールタイプの除菌スプレーでおもちゃを消毒する方法です。

シュッとひと拭きしてから全体を綺麗に拭き上げることで、より丁寧な消毒を行うことができます。

配合されている成分に不安のある方は、水と塩だけで出来ているアルカリ電解水スプレーを使うのがおすすめです。

酸素系漂白剤につけおき

オキシクリーンやワイドハイターEXなどの酸素系漂白剤は、つけ置きできるおもちゃ・ぬいぐるみ等の消毒に最適です。

塩素不使用なので赤ちゃんの口に入っても安全性が高く、乳児のころからでも安心して使えます。

また、酵素パワーで菌やウイルスだけでなく、付着した汚れを落とすこともできるので一石二鳥です。

煮沸消毒

丸洗いすることができ、かつ耐熱性に優れているプラスチックなどのおもちゃであれば、哺乳瓶と同じく煮沸消毒をするという手もあります。

沸騰したお湯以外に使うものがないので、最も安全性が高く、コスパに優れている消毒方法です。

おもちゃを赤ちゃんの煮沸消毒をする場合は、沸騰させたお湯の中に15分ほど入れて乾かすだけなので、消毒の手間もかかりません。

↑PAGE TOP