1歳児の知育玩具でおすすめなのは?発達を促す最適なおもちゃを紹介!

子供は1歳になると親も驚くほど目覚ましい発達を見せ、その変化が嬉しく思うものです。

そんな子供の成長をより促してあげるため、どのような知育玩具が必要なのか、わかりやすくまとめました。

1歳児の発達段階と必要な知育玩具とは?

1歳~1歳半ごろの発達とおもちゃの工夫

ハイハイをしていた子供も、1歳になると平面で立ったり、歩くようになってくるので、大きな変化を実感しやすい時期です。

手や指に感じる触覚にも興味を示しはじめ、形の違いを徐々に認識するようになるので、知育玩具もいろいろな形状を触れさせましょう。

また、この時期から手先をたくさん使う遊びを取り入れることで、脳の発達にも良い影響を与えるので、多様な楽しみ方ができる知育玩具がおすすめです。

1歳を過ぎると集中して遊べるようになってくることから、最初は少し難しいと感じるおもちゃも適宜取り入れましょう。

1歳半~2歳ごろの発達とおもちゃの工夫

1歳半をすぎると足や腕の運動がさらに発達し、さらに難しい遊びができるようになってきます。

走ることを覚えると体を動かして遊ぶことがさらに楽しくなるので、体を動かす動作が自宅でできると良いでしょう。

また、2つの器官を連動させる「協応動作」も発達してくることから、狙った場所に入れる・並べるなど、手と目を両方使う遊びも取り入れていきたいところです。

知育玩具で1歳児におすすめの製品はコレ!

積む・倒す動作のおもちゃ

0歳時の間はおもちゃを握る動作だけだった子供も、1歳を過ぎると積む動作ができるようになります。

最初は、サイズが大きめの積み木など安定した知育玩具から使い始め、1歳半をすぎた頃から徐々に小さなものにチャレンジすると良さそうです。

子供は「物を積む」という概念を持っていませんから、保護者の方が積む動作を見せてあげると、真似て遊ぶようになります。

はめる動作のおもちゃ

パズルのようにピースを合わせてはめる行動は、1歳になった子供が楽しんで遊べる動作です。

子供向けのピースの大きなパズルを使えば、「つまむ」「置く」「形をあわせる」という協応動作のトレーニングになるでしょう。

まだ手が小さな1歳児は、様々な形のピースを持つのが大変な事もありますので、最初はノブや取っ手のついているタイプがおすすめです。

動物や植物などかわいい知育玩具なら、子供も興味を持って遊び始めやすくなります。

叩く・引っ張る動作のおもちゃ

叩く動作は手先だけでなく腕全体を使う必要があり、体を使える遊びは子供にとって非常に新鮮です。

1歳になると聴覚も発達するので、タンバリン、ドラム、木琴といった楽器を叩く知育玩具が良いでしょう。

特に音階のある楽器だと、子供が音の違いを聞き分ける事にも役立ちますので、木琴や鉄琴、ミニドラムセットなどが楽しめると思います。

また同様に、腕全体を使った引っ張る動作も1歳児は楽しく遊ぶので、引きながら遊ぶプルトイやティッシュに似せた知育玩具などもおすすめです。

押す動作のおもちゃ

1歳児の遊びは身体トレーニングという意味合いも持っているので、押す動作で腕の力を使うことも発達には大切になります。

手だけを使う知育玩具も良いですが、手押し車のように脚力も鍛えられるおもちゃだと一石二鳥です。

あまりお金がかけられないというご家庭は、専用の知育玩具でなくても、インクが必要なかわいいスタンプで押す動作を教えてあげましょう。

落とす・転がる動作のおもちゃ

1歳を過ぎた子供は隙間に物を落とす動作がとても楽しく、お散歩中も枝や石を見つけてはマンホールや排水溝へ落とすものです。

狙って入れる動作は協応動作の1つでもあり、感覚や空間認識力の訓練にもなりますので、知育玩具でもぜひ取り入れてみましょう。

穴にボールや棒を落とすおもちゃが多く販売されていますが、家庭もダンボールや空き箱などを使って簡単に作ることもできます。

おもちゃではあまり使わない毛糸や石などを使えば、さらに感覚の発達に役立つと思います。

複数の音が鳴るおもちゃ

身体的な発達は手や足だけでなく、聴覚も成長する段階なので、音が鳴るおもちゃは1歳児にも効果的です。

音の出るおもちゃは生後すぐからあやすために使っていたというご家庭も多いですが、1歳を過ぎたら複数の音がなる知育玩具に変えてみましょう。

音感が育ってくると音楽が好きになり、歌や楽器などもより興味を持って楽しめるようになります。

体を動かすことが楽しい1歳児には、ピアノマット(ミュージックマット)のように全身で奏でるおもちゃも最適です。

「こんなに買えない!」そんな時はレンタル・サブスクを活用

おもちゃの購入費を抑えられる

子供の発達を促すためにはいろんな刺激を与えたい所ですが、現実的にお財布事情を考えると難しいものです。

知育玩具のレンタル店やサブスクリプションは、購入しなくても様々なおもちゃを使うことができます。

必要な期間だけ借りることができるうえ、サブスクリプションなら返却期限がないお店も多いので、飽きるまで遊ばせてあげることも可能です。

1度に複数の知育玩具をレンタル可能

知育玩具をレンタルする時は1回1点である必要はなく、複数まとめて借りることもできます。

サブスクリプションの場合、届けてもらえる点数が決まっているサービスが多いですが、4点以上はレンタルが可能です。

様々な知育玩具を使って発達を促すことができるのは、レンタルやサブスクならではでしょう。

しかも、お店によっては専門家が時期にあわせて選んでくれたり、保護者の希望を取り入れてくれる所もあります。

お部屋もスッキリ片付く

おもちゃをたくさん購入すると、部屋が片付かず、いつもゴチャゴチャとした家になってしまいます。

レンタルやサブスクを活用すれば、新しくおもちゃを買い足さない限り、一定数以上増える事がありません。

置き場所を決めてそれ以上増やさないように工夫できるので、お家の中や子供部屋も綺麗に整頓できます。

おもちゃ・知育玩具のおすすめサブスク

↑PAGE TOP