子供のおもちゃをスッキリ収納!ママに嬉しいお片付けアイディア

子どもが大きくなるにつれて増えていくおもちゃは、家庭の中では収納に困るアイテムでもあります。

家をスッキリと見せながらおもちゃを綺麗に片付ける、簡単な収納術をご紹介しました。

おもちゃの収納アイテムを買うならコレがおすすめ!

入れるだけでOK!バスケット・かご

細かいものが多く、ゴチャゴチャとしがちなおもちゃは、バスケットやかごを使うと綺麗に収納できます。

フルオープンのかごやバスケットはお子さんもしまいやすく取り出しやすいので、出し入れの際にストレスがかかりません。

できれば同じメーカー・シリーズのかごやバスケットを揃えると、見た目も統一感がでてスッキリさがアップします。

おもちゃ専用のものでなくても、ランドリーバスケットや籐のかごなど何を使っても構いません。

上からの見た目が気になるというご家庭では、布をかけたり、椅子や台などの下にしまうことでより綺麗に片付けることが可能です。

スペース確保にも!カラーボックス&バスケット

本棚として使う方も多いカラーボックスですが、丁度良い段差になっているのでバスケットと組み合わせることで、簡単に収納棚を作ることができます。

ハードタイプのバスケットにレールを取り付ければ、上部のデッドスペースも活用できるうえ、引き出しのように使うこともできるのでオススメです。

また、カラーボックスを横置きにして使用すると、幼児のお子さんが遊びやすい高さになるので、小さな椅子とあわせてプレイスペースを作るのも良いでしょう。

カラーボックスは製品によってサイズの違いがあるので、購入する時は同じ品番をまとめて買った方が安心です。

移動しやすい!蓋・ハンドルつきバケツ

リビングや子ども部屋などいくつかの場所で遊びたいというお家では、おもちゃの収納だけでなく移動性も大切です。

そんな時は、ハンドルがついたバケツタイプの収納アイテムを使えば、いつでも簡単に持ち運ぶことができます。

さらに、蓋つきのバケツがあれば見た目にも美しく、重ねることもできるので、複数用意したいご家庭にも適しています。

兄弟がいる場合は番号をつけたり、色によって収納する物を分けるなど、工夫して使いやすいアイテムでもあります。

おもちゃの収納で工夫したいポイントは?

既成の箱にこだわらない

購入した時の外箱や専用ボックスは、デザインの統一性がないので、綺麗にしまっていてもどこか乱雑な印象を与えてしまいます。

また、サイズもおもちゃごとにバラバラなので、収納場所に困りやすいというのも難点です。

見た目の綺麗さや部屋内のスッキリ感を重視したいご家庭なら、既成の箱にこだわらず、買い足した収納アイテムに入れ替えた方が良いでしょう。

工程の少なさを大切にする

お片付けや収納を考える時に大切なのは、とにかく出し入れの工程が少ないものを使うという事です。

特に、これからお片づけを覚えていくお子さんの場合、手順が多いと次第に面倒になり、やらなくなってしまいます。

「使った後は入れるだけ」というシンプルな工程にすることで、親子ともに片付けへの負担が軽減できます。

また、収納場所を分かりやすい所にしたり、物によって収納に区切りをつけるなど、お子さんも理解しやすい方法にするとお片付けが捗ります。

写真をラベル代わりに活用

市販のかごやバスケット、バケツなどを収納用具として使用すると、中身が分からないというデメリットが生じます。

こんな時は、しまうおもちゃの写真を取り、ラベル代わりに貼っておくとお片付けの際も便利です。

文字で書くよりも直感的に理解できるので、小さいお子さんでも片付けが行いやすく、文字の読めない年齢からでも使えます。

貼って剥がせるシールを使って貼付すれば、おもちゃの収納場所を変えたい時や整理した際も、ボックスに粘着剤が残りません。

見せる収納も駆使して

収納というと「しまう」というイメージがありますが、最近はあえて見せるディスプレイ型の収納も流行っています。

子どもが特に気に入っているおもちゃは、飾っておくだけでも喜びますし、毎日しまう必要もないので一石二鳥です。

ただし、ご飯や学習の時間など集中させたい時に目に入らないよう、場所や飾り方などに注意してください。

増えすぎて困るおもちゃはレンタル・サブスクが便利!

おもちゃのレンタル・サブスクってどんなサービス?

おもちゃのレンタルは、一定期間好きなおもちゃを借りる事のできるサービスで、1点からでもネットから注文することができます。

サブスクリプションサービスの場合、支払い料金が月額制となり、年齢にあわせたおもちゃや知育玩具を毎月届けてもらうことが可能です。

おもちゃを買い続けているとどうしても総数が増えてしまい、収納にも困りますが、レンタルやサブスクなら返却ができるのでおもちゃが増えすぎてしまう心配もありません。

気に入ったら使い続けることも可能

おもちゃのレンタル・サブスクリプションは、基本的に返却することが前提ですが、子供が気に入っていれば期間を延長することもできます。

特にサブスクの場合、サービスによっては返却期限を設けず、飽きるまで長く使い続けられるので安心です。

また、最近では使用しているおもちゃの買取に対応しているサービスも増えているので、特にお気に入りができたら中古価格で購入するというのも良いでしょう。

子どもに合ったおもちゃが選べる

レンタルサービスの場合は、自分で子供にあったおもちゃを選びますが、サブスクの場合はお店側が選んで届けてくれます。

この際、年齢に合わせて選択するだけでなく、保護者の声や希望を取り入れたり、持っているおもちゃの類似を外してチョイスしてくれるサービスも多いのです。

その時々に使いたいおもちゃというだけでなく、子供の興味関心も考えてくれるので、よりピッタリなおもちゃを借りることが可能です。

しかも、お店によってはプロの方が選んでくれたり、日本では購入が難しい海外製のおもちゃを提供してくれることもあり、個人だけでは選べないおもちゃで遊ばせられるのもメリットと言えます。

おもちゃ・知育玩具のおすすめサブスク

↑PAGE TOP